【重要】料金改定のお知らせ

産後の腰痛改善セルフケア

産後腰痛に悩む方はたくさんいます。今回は腰の負担を軽くする授乳姿勢についてです。

出産後は、骨盤周りの筋肉が弱くなり腰に負担がかかりやすくなります。本来であれば軽い運動を続けて筋力を戻していったり骨盤矯正をして骨盤を締めていくことが良いのですが、姿勢を気を付けることで腰痛になりにくくなります。

抱っこする女性

よく見かけるのが腰や背中を曲げ、猫背になった状態で授乳している状態です。この姿勢だと骨盤が寝て腰に直接負担がかかるのと同時に肩こりまでなります。

授乳時間は、ママのリラックスタイムであってほしいので、できるだけ楽な姿勢を作ります。

抱っこする女性

骨盤を立て腰をまっすぐにすることで腰への負担が減ります。また体重を後ろの壁に預けることができるので身体への負担も軽くなり楽に授乳できます。

きつい場合は少し浅く座ります。浅く座った状態で後ろに寄りかかると、背中が丸まってしまうので、骨盤が後ろに倒れないように、お尻~腰と背もたれの間にバスタオルやクッションを挟みます。

こうすることで、壁に寄りかかった時に骨盤を後ろに倒すことなく、背中を丸めずに座ることが出来ます。

抱っこする女性

座るポジションが決まったら、膝の上にクッションを乗せ、抱っこした赤ちゃんの位置が高くなるようにサポートできればOK!授乳中に腰の痛みを出しにくい、体に優しい座り方ができます。

一つ注意点ですが、生まれてしばらくの赤ちゃんはママの体に対して赤ちゃんが小さいのでクッションを多めにして赤ちゃんの位置を高くしましょう。クッション一つで腰への負担が驚くほど変わります。

普段の姿勢を少し変えるだけで身体へのダメージが少なくなります。少しだけ意識するようにしましょう。

子育てが辛いをなくして、子育てを楽しんでください(^^)

目次
閉じる