肩こり腰痛になる原因!

こんにちは(^^)
いつもご来店ありがとうございます☆

なぜ肩こり腰痛になるのか知っていますか?

多くのこりや痛みは、悪い姿勢で継続して生活
することによるものです!

デスクワークなどは生活習慣病みたいなもので
姿勢を意識して座るようにしないと、どんどん
慢性化して悪化してしまいます。

痛みやこりには、成長ホルモンが関係しています。

成長ホルモンとは、筋肉や骨の成長を促すだけで
なく、体の疲れを回復したり傷んだ組織を修復
したりします。さらに脂肪を燃焼させたり、新
陳代謝を促したりと、美容やアンチエイジング
にも大きくかかわる働き者のホルモンです。

しかし、

30代、40代になると極端にホルモンの分泌量が
減ってきます…
するとこりや痛みが出やすくなります!
20代半ばから、成長ホルモンはどんどん分泌量
が少なくなっていきます…

若い頃は悪い姿勢でも疲れたらホルモンが修復
していくのですが、30才を過ぎると成長ホルモ
ンの分泌が少なくなり修復が追いつかなくなる
のです…

ではどうしたらこりや痛みがなくなるのでしょ
うか?

第一に運動をして代謝を上げて成長ホルモンの
分泌を促す、また食事をバランスよく食べて代
謝を促す!

もう一つは、体に負荷をかけないような正しい
姿勢を保つ事でこりにくく、疲れにくい体を作
ることです!

ブログ画像

食事や運動よりも早く効果がでやすいのが、
姿勢改善です。
悪い姿勢の状態が続くと、血流の流れも悪くなり
様々な不調が出ます!

『体の根本改善は、正しい姿勢を知る事です』

正しい姿勢を知る事と、それを普段から実践
する事が慢性肩こりや腰痛には効果的です。

それでは、RISEでお待ちしております(^^)

目次
閉じる